よむ

ドイツ自然療法士

ハイルプラクティカーになった成り行き

2002年のこと。

どの街にも大抵ある、非営利の成人教育学校、Volkshochschuleフォルクスホッホシューレの夏学期のカタログを見ていました。

英語、フランス語、スペイン語のような語学、コンピューター関係の講座、ヨガ、合唱、陶芸などまで、ここの街のフォルクスホッホシューレのオファーは非常に多岐にわたっています。その中で目についたのが、キネシオロジー。初めて聞く言葉で、妙に気になります。そこの書かれた簡単な紹介文を読んで、ますます気になります。

数週間後、今思えば、かなりシンプルなキネシオロジーの初歩の初歩のコースでしたが、私にとってはとても衝撃的で、人生を変えるきっかけになるセミナーに、私は参加していました。

今までは、具合が悪くなったら医者や薬しか思い浮かびませんでした。母が薬剤師ということもあり、アスピリンや風邪薬の常備は欠かかさずしていました。そして、代替医療とか、自然療法というのが存在するんだ、という認識は、それまで私の中にはまったく存在していませんでした。

それまで、私の中には、社会に出たら会社で働いて、ある歳になったら定年する、それ以外の深みもなく面白みもない人生の設計図しか描かれていませんでした。キネシオロジーに出会い、私は人生で初めて、これを自分の職業にしたい、と思うようになりました。

一年ぐらいいろいろと、キネシオロジーについて学んでみました。そしてそれを職業にしたい、という思いは強まるばかりです。ある日、キネシオロジーの先生に相談したところ、ドイツの法律の関係で、キネシオロジーを使って仕事をしたければ、自然療法士 ハイルプラクティカーの資格を取った方が良い、と言われました。

ハイルプラクティカーの資格?一体何ができないといけないんだろう。インターネットで調べてみると、気が遠くなるようのな内容の長いリストがでてきました。

病理学

解剖学

感染病法やハイルプラクティカー法などの法律的なこと

などなど。

3日だったか5日だったか、毎日インターネットで検索してみました。

毎日検索しても結果が変わらないのは分かっているのですが、毎日同じリストを見ていると、そのうち慣れちゃう、という現象が起こるのです。

ある日、私は、ハイルプラクティカーの学校に通い、試験を受ける決心をするのでした。

私の住む街には、いくつがハイルプラクティカーの学校がありました。私が一番重要視したのは、実際に入れてもらえるまでの時間が出来るだけ短いこと、それから、会社から学校までの距離があまりなく、少し残業しても、授業の時間に間に合うこと、だけでした。せっかく決心したのに、3か月とか半年とか、スタートするまで待ちたくありませんでした。また学ぶのは、どこの学校に行っても自分で学ばなければならないわけで、とにかく通いやすい場所にあること、が私にとって大切でした。

決心して1か月ぐらい後になりますか。2003年10月、私はそうして選んだ学校に、すでに通い始めていました。

授業の内容は2年で一通り終わりますが、その後、試験準備の期間が必要です。

試験までに合計2年半。昼間はふつうに会社に行ってお仕事をし、夜は、週一回でしたが、てんこ盛りの授業を受け、7日で内容をこなし、学び、暗記して次の水曜日に望む、そんな生活を1年半ぐらいしていました。その挙句、メンタルが潰れてしまいました。

今でいう燃え尽き症候群、というのだと思います。集中できない、やったことを忘れたり、挙句は週末、何の理由もなく家でひとりで泣き出したりしていました。このままでは続かないので、会社を半日勤務に変えてもらいました。最後の半年ぐらいは精神的にかなりきつい状態でした。これをやりたい、というものを見つけてしまい、会社での仕事に喜びを見出せない、というのもあったと思います。そして2006年5月11日、初挑戦の試験に合格。

これで私は公に、ハイルプラクティカーという資格を入手したのでした。

ヘッダー画像、記事内の画像:アクリル画 Misao作 / Copyright 2021Misao

ヴェレダ – アントロポゾフィー/人智学から生まれたドイツからの贈り物♡

(広告)アントロポゾフィーは約100年前にドイツのルドルフ・シュタイナーによって作り上げられました。人智学とも呼ばれ、ドイツではアントロポゾフィーにのっとった考え方で治療を進める医師たちがいます。アントロポゾフィーのお薬を製造販売するため、また、アントロポゾフィーの考え方に沿って作られたボディケア商品を作るため、1921年、ドイツにヴェレダ社が設立されました。今ではドイツでは、バイオニック、オルガニックで農作物を作っているところは多くありますが、アントロポゾフィーの農業方法、デーメタの作業方法は、その上をいくものがあります。ヴェレダ社のボディケア商品に使われている植物は、こうして大切に育てられています。私たちを助けてくれる植物のちからがたくさん詰まっている、と言っても過言ではないと思います。また、香りについても、ヴェレダの香りのラボがあり、ただ良い香り、なのではなく、その香りのミックスにもちゃんと意味があるのです。

WELEDA(ヴェレダ) ワイルドローズ オイル 100ml

詳細はこちらから ⇒ https://amzn.to/38ZZeho

アルニカ前のページ

自然療法士養成学校次のページ

関連記事

  1. よむ

    チーズが挟まった丸パン

    私は1986年からドイツに住んでいます。初期、当時まだ首都だ…

  2. よむ

    プライベートレッスンご案内・こんな活動しています。

    私のオファーのご案内です。みなさんができるだけ笑顔で楽しく毎…

  3. よむ

    アルニカ

    ドイツでクラシックホメオパシー、といえば、目の前にいる人の特徴、いつ…

  4. よむ

    豚犬くん

    こんにちは。片付けよう、と思う。と、「うーん、あーとーでー」…

  5. よむ

    完熟くだもの

    こんにちは。ある日のこと。友人が昨日テレビで…

  6. よむ

    フランツブロートヒェン

    2018年の夏、仕事で2週間ほどハンブルクに滞在することになりました…

カテゴリー

最近の記事

アーカイブ

メルマガ登録フォーム

お問い合わせフォーム

  1. よむ

    歯医者のはなし。
  2. よむ

    白樺
  3. よむ

    デュッセルドルフの近況
  4. よむ

    ゾロメぞろぞろ
  5. よむ

    プライベートレッスンご案内・こんな活動しています。
PAGE TOP